H邸 dining set & pendant light (東京都渋谷区)


shaker table
w1950×d850×h700
クリ/オイルフィニッシュ
¥200,000(税別・参考価格/天板材料代含まず)
quiet chair
w440×d478×h730
チェリー/オイルフィニッシュ、ナラ/ソープフィニッシュ
チェリー/¥80,000 ナラ/¥82,000(税別)
pendant light
φ180×h120
チェリー/オイルフィニッシュ
¥31,000(税別)

*仕上げはオイルフィニッシュ・ソープフィニッシュ・蜜蝋ワックスから選べます

栗のshaker tableは幅1950mm、2枚ハギのブックマッチという贅沢仕様。お客様宅のマンションリノベーションの設計をされたいろは設計室さんが原木で購入された板の中から支給して頂きました。
一枚の幅が広いことと厚みが厚いこともあり、とても力のある天板になっています。
この天板に合わせて、脚部も普段よりひと回り太くしています。

quiet chairはそれぞれ樹種も仕上げも違うものをお選び頂きましたが、形が同じこと、テーブルもまた違う樹種であることもあり違和感は感じません。さらに経年により表情が変化していくことで、より一層全体が馴染んでくれることと思います。

また今回は、余った栗の端材で何か記念品を作れないかという設計士さんからの提案を受け、浅鉢を作りました。310φと大きく、色々なものを盛り付けられます。

全ての木部に無垢材が使われた空間。テーブルの天板と同じ丸太から取られた栗の板が、キッチンやAVボードなどにも使われています。
それ以外にも随所に素材や暮らしに対するこだわりが感じられ、自然素材を多用しつつも決してそれに依存はしておらず、全体の設計と確かなディティールにより、とても品のある空間になっていました。
寝そべりたくなるほど燦々と美しく差し込む陽の光がさらに居心地の良さを作り出し、家具たちもまるで日向ぼっこでもしているかのようにこの場に馴染んでいました。