S邸 sofa & butterfly table (長野県上田市)



sofa (2.5seater)
w1640×d685×h870
チェリー/オイルフィニッシュ
¥265,000(税別・参考価格)
butterfly table
w924/w1500×d850×h700
チェリー/オイルフィニッシュ
¥235,000(税別・参考価格)

*仕上げはオイルフィニッシュ・ソープフィニッシュ・蜜蝋ワックスから選べます

60代のご夫婦の住まいのために製作しました。
普段は狭いスペースに収まりつつ、お子さんやお孫さんが帰省された際には広く使えるよう、テーブルはバタフライ式をご提案しました。
スーパー楕円という、正楕円と四角の間の形にすることで、柔らかく、周りの動線も取りやすくなっています。
また、大人数で囲んだ時に、それぞれの顔が見えやすいかたちでもあります。

ソファは2.5人掛け。座のクッションは高密度のフェザーを用いていて、柔らかく包まれながらもしっかりとした座り心地。さらにクッションの下にウレタンを敷くことで、フェザーだけではどうしても少し感じてしまう底付き感もなくしています。
お客様の希望で背のクッションは無しにしましたが、代わりに普通のクッションを2つ付属しました。
腰にあてたり、前で抱えたり、枕にして寝たり、これがあるだけでソファの使い方が大きく広がります。

クッションの張り地には、デンマークの老舗メーカー、DANISH ART WEAVINGのウール100%の生地を使用しています。
もともとデンマークの兵隊の服に使用されていたというこの生地、厚みもあり、とてもしっかりとしています。

ウールと聞くと夏は暑いのでは・・と思われるかもしれませんが、ウールは天然のエアコンとも呼ばれ、ジメジメとした時期には吸湿し、乾燥した時期には調湿してくれます。湿気は繊維の内部に吸収され、高湿な夏には肌触りはカラッと、寒い冬には温かい、実は1年を通して快適に使用できる素材です。
またウールは撥水性があるため、汚れがつきにくいのも魅力。
最初のうちはざらざらとした触り心地も、経年によってだんだんと滑らかになっていきます。

通常、布というとだんだんと劣化していってしまうものですが、こちらはむしろ成長していく素材。
木部とともに、今後の変化が楽しみです。